相葉雅紀の演技が危ない!?ドラマで背負うリュックサックに何が入ってた!?


sponsord link

相葉雅紀の演技が危ない!?ドラマで背負うリュックサックに何が入ってた!?

 

 

puffer-2

皆さんこんにちは(もしくはこんばんは)

今回は相葉雅紀について調べてきましたので最後までご覧下さい!

 

 

プロフィール


 

相葉雅紀

生年月日:1982年12月24日

出身地:千葉県

血液型:AB型

職業:歌手、俳優、タレント

主な作品:
テレビドラマ
『マイガール』
『バーテンダー』
『ようこそ、わが家へ』など

映画
『日本列島 いきものたちの物語』
『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』など

舞台
『燕のいる駅』
『忘れられない人』
『君と見る千の夢』など

 

演技が危ない?!


 

相葉さんがドラマ、映画に出る度に気になるのが演技力です。

今までのドラマ、映画を見た感想をネットで見たところ・・・

作品により賛否両論ですね。

それでは現在、主演を務めている

ドラマ『ようこそ、わが家へ』に関してはどうでしょうか。

原作者は『半沢直樹』、『ルーズベルトゲーム』ほか

数々のヒット作を世に排出してきた

池井戸潤さん

ストーリー

ある夏の日、

相葉雅紀さん演じる倉田太一が会社帰りに混雑している駅のホームで、

割り込み乗車の男を注意したとこから始まります。

バスを乗り継いで帰宅の途中、

その男に尾行されていることに気が付く。

冷や汗をかきながらも何とか巻いて帰宅するが、

その翌朝から倉田家に対する執拗な嫌がらせが始まった。

エスカレートする嫌がらせに、

警察に被害届を出し、

防犯カメラも設置する。

しかし、空き巣の痕跡を見つけ、さらに盗聴器まで見つかった。

健太とその家族は、ストーカーが誰なのかを突き止め、解決しようとするが、

倉田家の周りから、疑いのある人物が何人も出てくる。

そして家族それぞれもトラブルに巻き込まれていく

サスペンスタッチのホームドラマである。

ドラマを見たネットの感想はどうだろうか。

「第1話に比べるとなんだかコミカルになってしまい、テンポも今ひとつでした。」

「ただ不安や恐怖をよく表現できていたと思います。妹を思いやる表情もリアルでした。」

「俳優の演技ではない。」

sponsord link

「弱々しいキャラはよかったな~主役がこんな弱っちいのは斬新だったし、その分ストーカーの恐怖が倍増した。」

「存在感がマジで薄い。」

「滑舌の悪さも気になるわ~演技はまぁまぁ~ですな~」

「演技よかったです。自然で繊細で健太になりきっていた。今までのドラマで一番良かった。」

「期待はしてなかったけど、主人公のキャラクターをうまく表現できていたと思う。突っ込みどころはあるけど、芝居は内容的によかったと思う。」

とこれまた賛否両論。

しかし、よく書かれていた内容が

「以前出演していたドラマより演技より良かった。」

「話が進むにつれて演技上手くなってる気がする。」

「相葉くんらしくなってきた。」

と演技の上達が伺えるような内容。

昔はあまり上手くなかったが回数を重ねるにつれて上手くなったのだと思います。

何事も経験ってことですね。

puffer-1

 

リュックサックに何があった?!


 

そんなドラマ『ようこそ、わが家へ』で相葉雅紀さん演じる倉田太一が使用するリュックサックが注目されてます。

BURBERRY/バーバリー:スモール・キャンバスチェック・バックパック

BURBERRYの定番
「グレイニーレザー」シリーズのこのリュックサックは、
深味のあるレザーとコットンを合わせた仕様。

バーバリーの代名詞であるチェック柄、

調整可能なショルダーストラップ、

落ち着いたマット調のメタルなどイギリスの伝統と最新のトレンドを融合した存在感のある

リュックサックになっていますね。

放送後、このリュックサックの問い合わせがかなり増えてるとのこと。

品切れになる前に購入した方がいいですね。

これからも相葉雅紀をみんなで応援してあげましょう!!

それではごきげんよう♪


※『相葉雅紀の収入がとんでもないことに!?』(関連記事)

bag71-300x279

sponsord link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ