壇れいの宝塚時代は演技が一番下手だったの!?金麦のCMで生まれ変わった!?


sponsord link

壇れいの宝塚時代は演技が一番下手だったの!?金麦のCMで生まれ変わった!?

 

 

 

img_63b4e088073e6d2a4c2736c384c1e19a20958

皆さんこんにちは(もしくはこんばんは)

今回は檀れいについて調べてきましたので最後までご覧下さい!

 

 

プロフィール


 

壇れい(本名:及川まなみ)

生年月日:1971年8月4日

出身地:兵庫県

身長:162cm

血液型:A型

職業:女優

主な作品:
宝塚歌劇
2000年『ゼンダ城の虜』
2002年『風と共に去りぬ』
2003年『王家に捧ぐ歌』
2004年『花舞う長安 -玄宗と楊貴妃-』など

ドラマ
2007年『陽炎の辻〜居眠り磐音 江戸双紙〜』
2010年『八日目の蝉』
2011年『美しい隣人』など

映画
2006年『武士の一分』
2008年『母べえ』など

舞台
2008年『細雪』など

受賞歴:
日本アカデミー賞
優秀主演女優賞・新人俳優賞
2006年『武士の一分』
ブルーリボン賞
第49回 – 新人賞

その他の賞
1998年度・年度賞(宝塚歌劇団) – 努力賞
2002年度・年度賞(宝塚歌劇団) – 優秀賞
第80回キネマ旬報 – 新人女優賞
2006年(第61回)毎日映画コンクール – スポニチグランプリ新人賞
第2回おおさかシネマフェスティバル – 主演女優賞
第44回ゴールデン・アロー賞 – 新人賞

 

 

 

宝塚での演技は?


 

今では女優として多く活躍されてます壇れいさんですが、

宝塚時代、成績が下位だったという噂があります。

1990年に宝塚音楽学校に入学。

1992年に第78期生として宝塚歌劇団へ入団されました。

同期がスター揃いで入団時の成績が40番目で最下位だったそうです。

ずっと大きな役はなかったそうですが、

1998年に転機が訪れます。

sponsord link

浅茅が宿』で新人公演最後となる7年目で初めてヒロインに抜擢されました。

1999年には、真琴つばささんの相手役として、月組トップ娘役に就任。

このまま順調かと思いきや・・・

別役ファンからの嫌がらせやイジメがあったとの噂があります。

大変ご苦労され、

演技に関して、入団時の最下位から這い上がるために

相当な努力されたのでしょう。

 

 

9bd6b7b6

金麦のCMとは?


 

壇れいさんと言えばと聞かれたら

金麦のCM』!って

答える人多いのではないでしょうか。

男性ウケはかなりいいみたいですが、女性ウケはあまり良くないみたいですよ。

「見てるだけでイライラする!」

「ぶりっ子な感じが嫌だ!」

と批評的な意見。

ターゲットとなる顧客層が男性ですから

“こういう人が待っててくれたらいいな”

と金麦の購買意欲を掻き立てるようなCMの作りですから

ああいう役柄になってるのでしょうがないでしょう!

金麦CMのすごい点は・・・

壇れいさんしか起用していないとこと売れ行きと言えるでしょう。

もし、売上が傾いたら新たな起用もあるかもしれないですね。

40歳を越えても美貌が衰えない壇れいさんですが、若さの秘訣は何なのでしょうか。

金麦だけでなくさまざまなCMにも出演してもらいたいです。

 

これからのさらなる活躍を応援してます。

それではごきげんよう♪
puffer

sponsord link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ