山内惠介のカサブランカに秘密が?コンサートで大変な事になる!?


sponsord link

氷川きよしに続いて演歌界に台頭してきた山内恵介。
そんな彼のプロフィールを簡単に紹介します。

1983年5月31日の32歳で、福岡県立筑前高等学校を卒業しています。

puffer

かなりのイケメンであるだけでなく、紅白歌合戦出場ということで歌手としての実力も広く認められています。

ヤフーなどで山内恵介を検索すると一緒に付いてくるワード「カサブランカ」。
何のことだろうか?

とても気になるワードで何のことかと思ったのですが、

どうやらこれは、山内恵介ファンのブログのようです。

曲のタイトルだと思って片っ端から調べてみたのですが、
まったくの別物でしたね。

ファンブログが検索上位にくるなんて珍しいですよね。

こういった熱狂的なファンが多いのも山内恵介の魅力を語る上で外せないものと思います。
やはりイケメンは凄いですね。

sponsord link

ちなみに「カサブランカ」のほかによく検索されている
「はまなす」というフレーズもありましたが

こちらは曲のタイトルでした。。

「はまなす母情」という曲を歌っていますね。

カサブランカ、はまなすといった単語がどこかお洒落に感じさせることにも山内恵介という人物の凄さを感じました。

デビュー当時のキャッチフレーズは

「ぼくはエンカな高校生」

氷川きよしと同じ福岡県出身で水森英夫の門下生です!
やはり背中を見て育ったのでしょうか。

当時は華々しく高校生デビューをしましたが長らく不遇の時代が続いていたのです!

本人もテレビ番組「メレンゲの気持ち」で話されています。

有名な番組にも出演済なのです。

半年経ち、一年経ち・・・
取材のカメラが減っていく現実・・。

高校生演歌歌手だと珍しがられていも
人気がなければ・・

想像を絶するほどのプレッシャーを味わったと言われています。

現在はようやく波に乗って売れっ子街道を走っています!
これからも紅白歌合戦をきっかけに爆走していってもらいたいですね
それではごきげんよう。

sponsord link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ